その14

近ツリのツァー募集に書いてありました。

ロダン美術館

カレーの市民 
身をもって市を救った6人への賛美。ロダンはしかし、英雄記念像としてではなく、死に直面した男たちの怖れや苦悩を鮮やかに表現した。

考える人です。

19世紀末から20世紀初頭のパリを舞台に、それまでの常識を覆すような作品を制作し“近代彫刻の父”と讃えられたオーギュスト・ロダン。 美術館は、パリ7区セーヌ左岸、アンヴァリッドに隣接する閑静な一角にあります。ロココ様式の美しい建物は、かつての所有者の名にちなんで「ビロン館」と呼ばれ、ロダンが晩年の10年を過ごした場所です。

次へ

181222

地獄の門です。

文豪 バルザックの像です。