その10  パ リ  1  ルーブル美術館 見学

次 へ

目次へ

ダビッドの「ナポレオンの戴冠式」の前で

サモトラケのニケ像

『サモトラケのニケ』は、ロドス人が前一九〇年ころ、シリアのアンティオコス三世との海戦で勝利し、その感謝をこめて、サマトラケ島の航海の守護神を祀った神域に奉納したものと推定されています。1863年に出土したものです。

ルーブル美術館

パリのホテルはルーブル・コンコルドでした。パレ・ロワイヤル駅のそばです。

ルーブル美術館

070226
20140307補正


ミロのビィーナス像  八頭身だそうです。

ダ・ビンチの「モナリザ」