CF 16G

コンパクト・フラッシュのメモリーカードの16G版です。D300で、JPEGとNEFの両フォーマットで、
記録すると、JPEGが5メガ前後、NEFが25メガ前後です。1枚の写真で30メガ前後になります。

4Gカードでは約130画面ぐらい記録できます。でも連射で5枚/秒で記録すると、あっという間に
マンタンです。

そこで、ネットで探ると、16Gがありました。値段的にどうかな(安い 11600円)と思いました。
転送速度が書いてありませんので、不安ですが ・・・ 。

まぁ、たいしたものを撮っていないので、気軽に使ってみることにしました。

それでも、注文して10日ほどかかりました。(品切れ状態のようです。)

ビデオカメラもテープからメモリーカードに移行しつつあります。

関連記事:ビデオに使用

トランセンドは、容量32GBのCFを2月中旬に
発売する。価格はオープンプライス。店頭予想
価格は6万円前後の見込み。

 同社最大容量となる32GBのCF。転送速度は
20MB/秒。UDMAに対応する。フラッシュチップに
はマルチレベルセル(MLC)を採用した。

080118

もう出ました

規格はこちらでご覧ください。

080202

080122

プラスチック・ケースにちんまりと入っていました。

店頭販売用のパッケージに入っています。

転送スピードには期待しないことにしましょう。

これだけ進歩してくると、ノートPCの作り方も変わってきます。あと一息、
32Gになれば、現行のCドライブの容量に近くなります。

12〜13インチDisplayにすれば軽く、1Kgを切ることも、できそうです。

メーカーは台湾の「A・DATA」社です。

K・Yのメール便で届きました。