私の

■「PCV-S720」本体の主な仕様
  PCV-S720
プロセッサー Pentium(R)III プロセッサー500MHz
キャッシュメモリー 1次キャッシュ32KB/2次キャッシュ512KB(CPU内蔵)
チップセット 440BX AGPSet
メインメモリー(標準/最大) 64MB*1(64MB×1)/256MB*2 (SDRAM)
拡張メモリースロット(空きスロット数) DIMMスロット×2(1)
グラフィックアクセラレーター MATROX MGA-G200(オンボード、AGP 2×モード対応)
ビデオメモリー 8MB(SDRAM)
表示モード 約1677万色
(1280×1024*3、1024×768、800×600、640×480)
フロッピーディスクドライブ 3.5型3モード(1.44MB/1.2MB/720KB)×1
ハードディスクドライブ 約15.1GB(Ultra ATA)C:約3.1GB/D:約12.0GB
CD-ROMドライブ CD-RW(読み出し24倍速(CD-RWは最大8倍速)、書き込み4倍速(CD-RWは最大2倍速)、DirectCDTMVer.2.5付属)※ソニーCRX100E (IDE接続)
外部接続端子(背面) ●キーボード(PS/2、MiniDIN×1)●マウス(PS/2、MiniDIN×1)●シリアルポート(RS-232C、D-sub 9ピン×1)●プリンター(パラレル)ポート(D-sub 25ピン×1) ●USB(×1)●オーディオ入出力(ステレオミニジャック ライン入出力、モノラルミニジャック マイク入力)●ディスプレイ出力(VGAタイプ、D-sub 15ピン×1) ●ゲーム端子●モデム用モジュラージャック×2(LINE、TELEPHONE)●i.LINK S400(6ピン)端子×2
外部接続端子(前面) USB(×1)、i.LINK S400(4ピン)端子×1
拡張スロット
(空きスロット数)
PCI×4(2)*4
オーディオ機能 Sound Blaster(R)Pro互換、AC97準拠(PCI接続、オンボード)、
3Dサウンド対応(DirectSound3D/A3D)
内蔵モデム 最大56kbps *5(V.90/K56flexTM自動対応)/
最大33.6kbps(V.34)/
最大14.4kbps(FAX時)
主な付属品 キーボード、マウス、電源ケーブル、電話線、マニュアル、リカバリーCD(2枚組)、iLINKケーブル(400Mbps対応、4ピン←→4ピン)×1(1.5m)
電源 AC100V ±10%/50〜60Hz
消費電力/エネルギー消費効率 45W(最大約130W)/34W
本体外形寸法 幅180mm×高さ302mm×奥行350mm(突起物を除く)
質量 約8.2kg


 Adobe社のPremiere 5.1 Jがインストールされており、設定などは

苦労はなかったのですが、キャプチャーは素直にはいかなかったという

覚えがあります。

 それから、ディゾルブの効果とクリップのつなぎ目が重なると処理の重さに

堪えかねて、静かに落ちることがたびたびでした。したがって、編集したクリッ

プを書き出す前にプロジェクトを記録しておくことが必須でした。

 ディゾルブの効果が使えること、テロップが綺麗に入ることにも感動しました。


 これで編集し作成した映像は次の通りです。

         「江南旅情  蘇州編

         「江南旅情  無錫編

         「江南旅情  上海編





 右側がS−720の本体です。





 1986年、ビクターからVHSテープの規格で、20分のテープを

ミニ・カセットに詰め込んでビデオカメラとデッキを組み合わせたもの

がありました。

時間が短いようですが、8ミリフィルムの1巻分が3分20秒(200秒)

でしたので、結構ながく感じたものでした。

撮ったそのままを編集しますので、解像度は一段とよくなりました。

 この機種で撮った映像は次の通りです。


       「豪遊   1

       「豪遊   2
          
       「ドン・ホー ショー

                           

左端はモニターTV、中央がデッキ部、右はカメラです。

次へ


101024

次 へ(工事中)

101024


 CPUのクロックが500メガ(1ギガを超えたのは2000年になって

からでした。)で、メモリーが256メガです。HDDは15ギガです。

マイクロタワー型のため内部が混み合っていて、HDDを増設する

にも工場まで送りました。そして、外付けHDDは20ギガ×2

を付けました。

■PCV-S720付属ソフトウエア一覧
カテゴリー ソフトウエア
OS Microsoft Windows 98
コミュニケーション FAXソフト Symantec WinFax Basic Edition
パソコン通信/
サービスプロバイダー入会ソフト
So-netオンラインサインアップソフトウエア
ODN スタータキットソフトウエア
ニフティサーブでインターネット
ぷららアクセスソフト
AOL 3.0I for Windows
インターネットブラウザー Internet Explorer 4.0
Netscape Communicator 4.5 日本語版
さぱり(3Dマルチユーザーチャットワールド)
電子メールソフト PostPetTM Ver.1.1
Mail/FTPクライアント Smart Publisher
電子辞書 クイック辞書ビューワー Roboword Ver.3.0 for VAIO
オーディオ
&ビジュアル
Audio & Visual プレーヤー/
Audio & Visual データベース
Digital Media Park Ver.1.3
・Media Bar
・Media Library
・Media Showcase
MD編集 MD Editor(VAIO)※対応するMDデッキが必要です。
インテリライト機能対応ソフト IntelliFrame ※CPD-17MSは非対応
ソフトMIDIシンセサイザー YAMAHA ソフトシンセサイザー S-YXG50
インターネットエクスプローラー/
ネットスケープナビゲーター用
MIDI再生プラグイン
YAMAHA MIDPLUG Control for XG/
YAMAHA MIDPLUG for XG
MIDI再生アプリケーション YAMAHA XGstudio
Movieプレーヤー QuickTime 3.0 Basic
クリエーション 画像ファイルマネジメント PictureGear Ver.3.0
DV静止画入力キャプチャー DVgate still Ver.1.1
DV動画入出力・MPEG1変換、
ビデオCD作成
DVgate motion Ver.1.3
動画編集ソフトウエア Adobe(R)Premiere  5.1日本語版
(フルバージョン)
フォトレタッチ Adobe(R)PhotoDeluxe(R) for ファミリー 3.0
プリントレイアウト TempWriter(R) for VAIO Ver.1.1
フォント DynaFont (20書体)
CD-RWパケットライトソフトウエア DirectCDTMVer.2.5 *2
デジタルマップ 地図ビューワー Navin' You Ver.3.0
その他 郵便番号検索(7桁対応) 郵便番号検索ツール
PDFビューワー Adobe(R)Acrobat(R)Reader 3.0J
ウィルスチェッカー VirusScan
オンライン・カスタマー登録 VAIO オンライン・カスタマー登録ソフト

3台目:TRV-900 ミニDVテープ、3板式、デジタル形式、リチウム・バッテリー

 1998年7月、SONYから発表された広告です。

ビデオ30年史

その2

 何もかも新しい形式のビデオカメラでした。確かに、今までとは違う

格段に性能の違うことを実感しました。

 また、編集方式もノン・リニア方式になり、パソコンで編集できる

ようになりました。ビデオのひと駒を1/5に圧縮して記録してあります。

1秒の記憶容量が3.6メガバイトあり、1分間で216メガバイトという

膨大な記憶容量になります。当時のOS(Windows 98)のメモリー空間では

.1ギガが、1ファイルの限界でした。2.1ギガは時間にして、9分30秒ぐらい

でした。

 そこで、Sonyのパソコンではユーティリティ・プログラムで処理をしました。




 今回発売する『DCR−TRV900』は、光の3原色(R.G.B)を各々

独立して撮像することで高解像度と忠実な色再現性を実現する

“3CCDカメラシステム”を採用。CCDは画像を読み込む際に、

インターレース/プログレッシブ2つの方式を任意に切り替えることが

でき、動画・静止画各々に最適な撮影を実現します。

例えば、インターレース方式を選択すれば放送方式(NTSC)に適した

動画撮影を実現でき、また、プログレッシブ方式では、ブレのない鮮明な

静止画を撮影することができるとともに、パソコンへの取り込みにも適して

います。

 また、レンズを動かすことにより、光学的にブレを補正する“アクティブ

レンズ方式手振れ補正機能”を新たに搭載。画質劣化のほとんどない

安定した映像の撮影を可能にするとともに、レンズ部の省スペース化を図り

本体の小型化を実現しています。さらに、消費電力4.1Wの低消費電力設計

を実現し、別売のリチウムイオンバッテリー(NP-F950)との組み合わせに

より、8時間以上の長時間連続撮影(*3)が可能です。

加えて、“18.4万ドット3.5型プレシジョン液晶モニター”は、高精細な映像を

見ながら、様々なアングルでの撮影ができる他、“18万ドットプレシジョン

カラービューファインダー”を搭載し、ビューファインダーを使用しての撮影も

鮮明な画像を見ながら行なえます。

2台目:ビクター VHS-C 1/2インチテープ

編集機としてのパソコンの登場