Edius Pro5


 編集ソフトをAdobeのPremiereに見切りをつけて、Edius Pro5に変更しました。

DVDも買い込み、一生懸命学習しました。一気にDVDまで焼けるのには泣きました。

しばらく使用していました。

                                  関連記事はこちらで。


 新しいZ800にHdsparkを装着しましたので、Edius NEOブースター 2.5 を入

れてみました。

これも、快調でした。

                                  関連記事はこちらで。

 Edius Proが喧伝されています。Hdspark対応になっていれば、バージョン・アップ

したいところです。

 

               CANON EOS 5d mkU

                          (2005年9月 発売)

                                 これの仕様はこちらで。 



 純然たるスチィール・カメラです。これで動画が撮れると聞き、早速

試してみました。もちろん、スチィール写真も素晴らしいです。

 ビデオ撮りのピント合わせ、ホールディングには問題アリです。


   

    

 Edius Pro5で編集しましたが、なにもひっかることなくスムーズにできました。

 これの映像はこちらです。


                「名古屋朝顔まつり



キャノン  iVIS HF 11   (2008年8月 発売)

                             iVIS HF11 主な仕様



 ソニーのHC−1は合焦が遅いので、合焦点が速いというHF−11を

使ってみることにしました。1920ピクセルのフルHDというのも期待

が持てます。

 付属品も順次揃えました。

 キャプチャーは楽でした。(ファイル・コピーするだけです。)

いろいろ試しましたが、カノープスのCanopus HQに変換して作業を

進めました。

 試し撮りの映像は次の通りです。


     「冬牡丹

     「梅まつり

     「日本・中国春蘭展

     「サクラ サク

     「桜 満開 名古屋城

私の

101027


ビデオ30年史

         


        

      32GBのメモリーカード    ND、UVフィルター

その5(完)

コーディックがMpeg4になり、HDDやメモリー・カードが使われる

時代がやってきました、パソコンの性能の向上が求められます。

 そこで、2008年8月カメラを入手する前にパソコンの準備に

かかりました。

そのあらましは次のようです。


  2008年 8月  ギガバイト社のイーグルを入手。
             eSATA規格のHDDを接続。

         9月  ブルー・レイのディスク・ドライブを入手。
             カノープスのEdius Pro5をインストール。

  2009年 1月  FireCoderBluを装着。
             Premiere CS4にバージョンアップ。
                 (半年かかりで準備しました。)
      

 Canonの5dを使って、ビデオを撮りたいです。カメラの

グリップを工夫して、撮影するか、ザクートの肩乗せで実行

するか迷うところです。

 撮影後の後処理には十分対処してあります。あとは実行

あるのみです。

ファイル・ベース時代
     Mpeg4時代

  ヒューレット・パッカード  Z800  (2010年4月発売)


 ギガバイトのイーグルがよく落ちるようになり、作業を中断することが

多くなったので、安定したパソコンが必要になり、新機種を検討しました。

選んだのがこれでした。

CPUは Xeon 5550(2.67Ghz)×2、メモリー 24Gb、FireCoder

Bluを2基、HD-Sparkを装着し、TVも接続しました。メモリーを8G

モジュールにしたかったのですが、予算の関係で、4G×6で辛抱して

ます。

 処理速度はまぁまぁですが、安定性は抜群で、重荷も楽々とこなし

ているようです。

 OSは当初、64ビットVistaでしたが、サービスパックでW7にUPしました。

 目下のところ、EDベータやVHSのDVD化に忙しく、カメラ撮りは難しい

です。