七草粥

 セリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ・スズナ・スズシロ」、子どものころに一生懸命覚えた春の七草の名前です。ゴギョウはハハコグサ、ハコベラはハコベ、スズナはカブ、スズシロはダイコンのこと。この七草をお粥にして1月7日に食べる七草粥の習慣は、江戸時代に広まったそうです。

 七草の種類は時代や土地によって異なり、七草がもっと多くなったり、少ない場合もあったそうですが、いつの時代もどんな土地でも、年頭にあたって豊年を祈願し、「今年も家族みんなが元気で暮らせますように」と願いながらお粥をいただくその気持ちに差はありません。七草はいわば日本のハーブ、そのハーブを胃腸に負担がかからないお粥で食べようというのです。

 日本のハーブ、七草には次のような体に良い作用があります。

  セ   リ   鉄分が多く含まれているので増血作用が期待できます。

  ナ ズ ナ   熱を下げる、尿の出をよくするなどの作用があります。

 ハ コ ベ ラ  タンパク質が比較的多く含まれ、ミネラルそのほかの栄養に富んで
          いるため、民間では古くから薬草として親しまれています。

 スズナ・スズシロ   ジアスターゼが消化を促進します。


                                      以上 某食品製造会社のHPから


   

 今年はここの農協の七草は例年より沢山入っていました。

 念のためクックパッドを観ましたが 面倒なので勝手に作りました。七草+2 粥です。


     
           

 レシピは気が向いたらUPします。


                                                 180107