双葉御殿  復元

「双葉御殿」というのは、大正九年、名古屋市東区東双葉町の地名を取って付けられた和洋折衷のモダンな近代建築です。建築者の「福沢桃介」は、長野県に発する木曽川の水利を利用して水力発電所(大井)を建設、その後も電源開発事業を発展。中部地方に大電力を供給しました。、電力王と言われた福沢桃介が活動拠点を名古屋に構え多くの要人との交流の場として建設されました。共に社交界で活躍したのが「川上貞奴」です。双葉御殿は昭和十三年福沢が没して後、貞奴の手で大幅な改造が行われ、創建時とは様子が変わりました。
このたび、解体時の場所から移転し、撞木町に移り、復元されました。

主玄関へのアプローチ

脇玄関でしょうか(テラスだそうです。)

和風部分との接合部

和風部分の玄関

地図、貸室案内、内部の間取り図など

161209