誰の銅像でしょうか、忘れました。ウィーンの半分の人口は銅像だそうです。多分、ベートーベンでしょう。

1972・8

教育を考える

暑いモスクワを抜けて、ウィーンへやってきました。冷戦のさなか、目に見えない堅苦しさから脱出できたのがうれしかったです。

070529
20140222補正

世界一周の旅

映画「第3の男」で見たプラッターへは行けませんでした。今なら、ウィーンぐらいは一人で歩けそうです。もう一度行ってみたい町です。

ウィーン西駅のプラットホームです。隣に立つサングラスのお兄さんは神戸のSさんです。

この写真はウィーンの町外れ、ハプスブルグ家の夏の離宮、シェーンブルン宮殿のグロリエッテの屋上です。ウィーンの森が背景に見えます。隣の青年は東海大学海洋学部の学生で、M君です。

ウィーン

モーツアルトの生まれ故郷ザルツブルグに鉄道で向かいます。ウィーンの西駅です。

目次へ

次 へ